H
X
Y
Z
CX
S
T
Rz
0
CX
0
CX
CX
0
H
T
H
0
CX
CX
0
CX

SERVICE

汎用量子コンピュータ向けアプリケーション開発SDK

詳しく見る Githubで入手する(無料)

汎用量子コンピュータ向け高速シミュレータ

詳しく見る

量子コンピュータ向けクラウドサービス(準備中)

詳しく見る

イジングマシン向けアプリケーション開発SDK

詳しく見る Githubで入手する(無料)


APPLICATIONS

量子化学計算

量子化学計算のこれまで解かれてきた方法に対して、新しくハミルトニアンをパウリ演算子に変換することで量子コンピュータで解けるようにするという試みが行われています。

量子機械学習

量子コンピュータを活用した機械学習や深層学習は既存の計算機のモデルと異なり、手法を再構築する必要がありますが、日々様々な手法が考案され、用途や実用性を探索し始めています。

金融計算

金融計算は従来より業務における計算の比重の高い分野で、主に企業のリスク評価などに多大な計算量を使用している分野です。量子コンピュータを活用した様々な領域での計算を行います。

暗号セキュリティ

量子コンピュータにおけるshorのアルゴリズムによって暗号セキュリティに対する新しい対策が必要となっています。量子コンピュータに対して耐性の暗号やセキュリティ対策方法が日々開発されています。


MISSION

人類の解けない問題を解く

量子コンピュータとは、物質波の性質を利用した計算により、データ処理が指数増大に対応できるように設計された新しい方式の計算機です。これにより、現在のコンピュータでは原理的に解くことが難しい問題に解決の道筋がついたことにより、現代社会の抱える様々な問題を解決できると期待されています。一方でこの新しい技術は高度かつ広範な知識と技術が必要なため、日夜全力で研究開発を進め社会実装への橋渡しをおこなっています。私たちのミッションはこの技術開発を通じて多くの方々に量子コンピューティングの恩恵を受けてもらえる理論と仕組みづくりの構築です。「DATA IS NEW OIL」という考え方は、ビッグデータが多くの富を生み出すというデータ時代到来により、純度の高いデータ精製を石油資源に例えています。少子高齢化の波が訪れ生産人口も減り社会保障費の負担も増える中、非資源国の日本として量子コンピュータを活用した新しいビッグデータ市場の創出は資源のように多くの富を生み出す可能性を持っています。私たちはこのような新しい計算基盤の上に構築される新しい産業創出の視点を掲げ、明るい未来のビジョンを提示しています。


AWARD

  • 2018
    MUFG第3期デジタルアクセラレータ準グランプリ
  • 2018
    Tokyo Financial Information & Technology Summit 2018 Start-up showcaseファイナリスト
  • 2018
    AQC量子コンピュータ国際会議@NasaAmes採択
  • 2018
    Microsoft InnovationAward2018 Protostar賞
  • 2018
    NASA Ames研究所D-wave研究テーマ採択
  • 2017
    NVIDIA Inception Program Parter認定
  • 2017
    AQC量子コンピュータ国際会議@Tokyo採択
  • 2016
    AQC量子コンピュータ国際会議@googleLA採択

COMPANY

  • 企業名
    MDR株式会社(エムディーアール)
  • 所在地
    東京都文京区本郷2-40-14
  • 設立
    2008年
  • 資本金
    1億3000万円(資本準備金94,986,050円)
  • 事業内容
    量子コンピュータフルスタック開発、機械学習アプリ開発

COMMUNITY

量子コンピュータのことを学びたい、仕事としたいなどの情報交換の場を設け、コミュニティの形成を進めています。オフラインの勉強会と、オンラインのチャットコミュニティの2種類あります。オフラインのConnpassは1400名、オンラインのSlackは880名を超える参加があります。どちらも無料ですのでお気軽にご参加ください。

CONNPASS SLACK

CONTACT

弊社あての連絡はinfo@mdrft.comより用件を明記の上、メールで連絡を頂けますと幸いです。