超電導量子ビット

MDRでは量子コンピュータの心臓部である超電導量子ビットを設計・開発しています。ニオブやアルミを活用した超電導素材で量子計算を行うための素子の設計開発を行なっています。

トップへ戻る