1年で集積度が驚異的に向上した量子コンピュータ 実用化は早くて2035年?研究者が語る技術の現状、課題、展望


2018.12.20 20:15

弊社のハードウェアとソフトウェアの取り組みが超電導量子ビットとQ-Leapにて紹介されました。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54979



«
»

トップへ戻る