よくある質問

Q.何をしている会社なのですか?
A.量子コンピュータのアプリケーション・ミドルウェアとハードウェアを開発しているベンチャー企業です。

Q.量子コンピュータのどのような方式を扱っているのですか?
A.量子ゲートモデル、量子アニーリングモデル、またレーザーネットワーク方式を扱っています。

Q.企業として量子コンピューティングの実績はあるのですか?
A.プロジェクトとして参加し、国立研究開発法人などに開発・納品実績があります。

Q.なぜベンチャー企業なのに量子コンピューティングができるのですか?
A.少数精鋭で理論と実践、実装などの実務を効率よく行なっているからです。

Q.現在の主なメンバーはどのような人たちですか?
A.主に東京大学の工学部・理学部出身者で構成されています。理論と実装の両方を行います。

Q.NVIDIA社のAIパートナーであるInception Partnerに認定されていますが、量子コンピューティングとGPUはどう関係があるのですか?
A.量子コンピュータの研究や開発にはシミュレーションが欠かせません。物理学の式に基づいてスパコンやGPUで詳しい研究開発を行います。

Q.量子コンピュータのアプリケーションを作りたいのですが、どうすればよいでしょうか。
A.量子アニーリング・イジングモデルは弊社のwildcat開発環境をお進めています。量子ゲートモデルは他社の開発環境をもとに勉強会などを行なっています。

Q.ベンチャー企業が量子コンピュータのチップを開発できるのですか?
A.大手半導体メーカー出身の技術者や大学の研究者のネットワークを元に無理のない研究開発を行なっています。

Q.なぜベンチャー企業がクラウドサービスなどを少人数で開発・運用できるのですか?
A.サーバーレスアーキテクチャを含め、セキュリティが確保でき、少人数運用できる体制と開発手法を取っています。

Q.ベンチャー企業で運用するにあたって、システムのセキュリティなどの管理面は大丈夫なのですか?
A.クラウドサービスのSLAを正しく理解しリスクを最低限に抑えながら、適宜大手セキュリティ会社のチェックやテストをクリアして開発をしています。

Q.ベンチャー企業の資金や経験で企業運用は大丈夫なのですか?
A.弊社では金融会社のサポートを受けて財務面・管理面を明確に分離し、手厚い体制で安定した経営を行なっています。

トップへ戻る